MENU

育毛剤をつけ過ぎていないか

育毛剤をつけ過ぎていないか

ご自分に効くだろうと思って購入した女性用育毛剤を使用しても、思いのほか効かないときがあります。

そんな時は女性用育毛剤の選び方が間違っていないかとか、使用法が間違っていないかを振り返ってみてください。
女性用育毛剤の使用方法の間違いのひとつに「育毛剤をつけ過ぎる」というのがあります。

 

育毛剤はむやみやたらに量を多くしても効くものではなく、かえって害になってしまいます。
そして量が多すぎるために効果を半減どころか効果をなくしてしまう事もあるのです。
これでは折角期待して購入した育毛剤にかかったお金をどぶに捨ててしまうことになりますね。

 

頭皮が1回に吸収できる量は決まっていますから、女性用育毛剤は決められた量を守って使用することが大切です。
女性用育毛剤だけでなく、シャンプー剤もリンスもヘアクリームも全てつけ過ぎは禁物です。

 

育毛剤をつけ過ぎていないか

女性用育毛剤は継続して使用することが大切ですが、(ここからは雑談的なお話になってしまいますが、興味のある方はお読みくださいね)継続ということで驚かされたのは、知人のもうじき70歳になるお姑さんが、髪の毛が目立って薄くなったのを気にして、黒ゴマを毎日2杯よく噛んで食べたそうです。

そうしたら、その年齢にもかかわらず髪の毛がだいぶ復活したそうです。
まさかここまで復活するとは本人も夢にも思わなかったとのことで、継続の力の大きさをあらためて感じさせられます。
ちなみにゴマは皮むきのゴマを買ってくるか、徹底的に噛まないと効果がないそうです。
理由は皮が堅いので消化される前に便として排出されてしまうのだそうです。

 

また、年を取るとまゆ毛も薄くなります。
女優さんが老け役を作るときは眉毛を薄くしたメイクにしますが、眉毛も薄いと老けて見えます。
眉毛に「ミクロゲン・パスタ」を塗って眉毛が生えてきたという人がいます。
啓芳堂製薬株式会社の製品ですが、検索して調べてみる価値がありそうです。

 

>>女性用育毛剤ランキングページに戻る

 

関連ページ

タイミングとマッサージは適当か?
タイミングとマッサージは適当か?女性用育毛剤が効かないときは何かが間違っていると判断するのが良いようです。その解決法をまとめてみました。
育毛には体内の良質タンパク質が必要
育毛には体内の良質タンパク質が必要:女性用育毛剤が効かないときは何かが間違っていると判断するのが良いようです。その解決法をまとめてみました。
焦らず継続してみる
焦らず継続してみる:女性用育毛剤が効かないときは何かが間違っていると判断するのが良いようです。その解決法をまとめてみました。
選んだ育毛剤が体質や悩みに合っているか
選んだ育毛剤が体質や悩みに合っているか:女性用育毛剤が効かないときは何かが間違っていると判断するのが良いようです。その解決法をまとめてみました。